聞いてて良かった!ecサイト運営ノウハウ

ecサイトの大きな傾向3つの、要点を押さえよう

ecサイト構築には、大きく分けて3つの流れがあると言えます。一つは、一番集客力がある楽天市場への出店です。楽天市場は、初心者向けのプランでも月額19500円(税別)の出店費用がかかります。また、商品が売れたときにも売上額から数%の手数料を引かれます。ですから、利益月額がそれ以上見込めるecサイトでないと採算上の問題を生じます。 もう一つは、出店無料(売上額からの手数料差し引きはあり)のYahoo!ショッピングに出店することです。無料でショッピングモール運営の基礎が学べますが、集客は楽天市場よりやや弱いです。 もう一つは、集客力が最も弱くなりますが、独自ドメインを取得し、ショッピングカートシステムを借りて、モールに属さないecサイトを運営する方法です。この方法は月額数百円のカート代だけで運営が出来るほか、ショップのデザインを完全オリジナルに出来るので実店舗とイメージを統一するには最適です。

ecサイトは育てるもの。リピーターを少しずつ増やそう。

ecサイトで最初に苦労するのは集客です。楽天市場やYahoo!ショッピングでは、月数万円程度の出費で有料のキャンペーンに参加することが出来ます。このキャンペーンで初めてのお客様をつかみ、商品の良さを知ってもらい、リピーターに繋げていく、というのが、ecサイト発展の王道です。 ショッピングモールに所属していない場合は、商品を賞品とする懸賞キャンペーンを展開するのが有用です。実はこのキャンペーンを成功させる方法は意外に簡単です。賞品を設定し、期間を決めたら、インターネット上に多数ある「懸賞紹介サイト」に懸賞情報を提供するのです。懸賞紹介サイトの多くは無料で登録ができますが、懸賞のファンはたくさんいるので、初めてのお客様を掴むチャンスが得られます。 こまめにキャンペーンを展開し、お客様に喜ばれる施策を繰り返すことによって、ecサイトを成長させることができます。